肩こり・腰痛・膝痛

肩こりは筋膜のシワが原因 筋膜リリース・タオルストレッチで解消 竹井仁先生 ためしてガッテンで紹介

更新日:

スポンサーリンク

肩こりは筋膜のシワが原因

NHKテレビ「ためしてガッテン」9月9日のテーマは肩こりでした。これまでためしてガッテンでは、肩こりは何度も取り上げられてきました。今回は肩こりの完結編ということでした。今までは、肩こりの筋肉をほぐす様々な方法が紹介されてきました。しかし、ここに来て肩こりの元凶が分かったというのです。え~今頃になってなの?という気もしますが、これは医学会でも大注目されていることなんだそうです。その肩こりの元凶が筋膜のシワでした。筋膜とは筋肉を包んでいる膜のことです。この筋膜にシワができることで肩こりになるということです。筋肉のコリが肩こりの原因ですが、この筋膜のシワを伸ばさない限り、また肩こりがぶり返すんだそうです。つまり筋膜のシワこそが、肩こりの元凶なんです。この仕組みはこんな感じです。肩こりで筋肉がこると、筋肉をほぐします。また肩こりになると筋肉をほぐします。これを何度も繰り返すと筋膜にシワができます。シワができると筋肉が引っ張られ、コリができるということです。
k1509092015_000

では、筋膜のシワを伸ばすにはどうしたらいいのか?
最近では、様々な筋膜治療を目的にした治療法が出てきているそうです。筋膜治療を行う器具やエコーを見ながら筋膜に針を打つ針治療もあります。番組冒頭に紹介された生理食塩水を注射して筋膜をほぐす肩こり治療を行う病院はこちらです。
■木村ペインクリニック 院長 木村裕明先生
www.kimura-painclinic.com/pain.html

筋膜治療を行う病院は、筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会のホームページで見れます。
www.jmps.jp/hospital

スポンサーリンク

筋膜リリースのやり方

自分でできる筋膜のシワを伸ばす筋膜リリースの方法が4つ紹介されました。教えてくれるのは肩こりに詳しい首都大学東京 教授 竹井仁先生です。最初は辛くても2週間も行えば、楽に行えるようになるそうです。

■斜め腕伸ばし 筋膜リリース
(1) 右手を斜め後方に伸ばす。指先が床にもぐりこむイメージで
(2) あごを引き、首を左にゆっくり倒し、左手で右肩を押さえる
(3) 左耳を前に出すように首を回す。この状態でキープ(20秒~90秒)
(4) 今度は首を傾けたまま、鼻を左肩に近づけこの状態でキープ(20秒~90秒)
21654654-1
(5) 反対の腕も同じように

■平泳ぎ風 筋膜リリース
(1) 両腕を前に伸ばしてキープ(20秒~90秒)背中を丸めず肩甲骨だけを押し出すイメージで。
(2) 肘を肩の高さのまま、両腕を開くように後ろに引き、この状態でキープ(20秒~90秒)
(3) 肩甲骨をおこすイメージで両腕を上に上げる。この状態でキープ(20秒~90秒)
1654654-2
■S字 筋膜リリース
(1) 右手を頭の後ろ、左手を背中の後ろに回し、肘を90度に曲げる
(2) そこから腕を半時計回りに回す。この状態でキープ(20秒~90秒)
(3) そこから右足を前に出しクロスさせ、体を左に倒し、この状態でキープ(20秒~90秒)
s5644464-3
(4) 反対側も同じように
■バレリーナ風 筋膜リリース
(1) 右手の平を自分に向け、左手の平を後ろに向け、右足を一歩前に出す
(2) そこから右手を天井に、左手を床に向けて伸ばし、軽く体を左にひねり、この状態でキープ(20秒~90秒】
s695478-4
(3) 反対側も同じように
4種類の体操を1日3セット。キープする時間は、90秒が理想だが慣れるまで無理せず出来る範囲で行ってください。

※痛いのを我慢して伸ばすのは逆効果。ゆっくり&気持いい力加減が重要

この筋膜リリースを2週間行った女性の方の結果です。

施術前 2週間後
筋肉の動き 2.0mm 7.7mm
肩を持ち上げる筋力 58kg 157kg
筋肉の硬さ s1509092024_001

短期間で随分と改善されるようです。

2016年3月16日放送のためしてガッテン2015年感動ワザ大賞で再び筋膜リリースが紹介されました。筋膜リリースを紹介以来、視聴者の方から腰痛には効果がないのですがという問い合わせを多数寄せらせたそうです。
竹井先生によると筋膜は全身に張り巡らされており全身の筋肉とつながっているので、肩こりの筋膜リリースをしても腰にも効果的だということでした。

さらに今回、肩こり、腰痛の両方に効果的な2つの筋膜リリース、L字リリースと体ひねりリリースが紹介されました。

これは以前、TBSテレビのゲンキの時間で紹介されたものなので、以下の記事をご覧下さい。L字リリースは、背中に効果的な筋膜リリース、体ひねりリリースは、肩こり改善筋膜リリースとして紹介されています。

筋膜リリースのやり方 背中に効果・肩こり改善・顔の若返り 竹井仁教授 ゲンキの時間

目次1 筋膜が肩・腰・首などすべてのこりの原因2 筋膜リリースのやり方は?2.1 背中に効果的な筋膜リリース2.2 肩こり改善筋膜リリース2.3 顔の若返り筋膜リリース2.4 どこでもできる筋膜リリー ...

続きを見る

筋膜リリースは、筋膜はがしともいいます。以前、あさチャンで放送されました。あさチャンの筋膜はがしについては、以下の記事をご覧下さい。

パソコンやスマホは肩こりやストレートネックの原因に

頑固な筋膜のシワができる原因の一つがパソコンやスマホだといいます。行う姿勢が原因で後頭部の筋肉に負担をかけ硬直させるそうです。これが悪化すると肩こりに加え首の骨も変形しストレートネックになるそうです。こうなると筋膜のシワを伸ばしても改善されずストレートネックを改善する必要が出てきます。そこで簡単がストレートネックのチェック法と改善法です。

■ストレートネックのチェック法
・あごを引くのがつらい
・耳が肩より前に出ている
この2つに当てはまるとストレートネックの疑いあり

■ストレートネック改善法 タオルストレッチ
タオルを使ったストレートネック改善法です。
(1) タオルを両手で持ち、首の後ろの真ん中にあてる
(2) 両手を斜め上に引っ張り 頭を少し後ろに倒す
(3) その状態から、あごをのど元に引きつけキープ(5秒~20秒)
1日5セットが目安。

このタオルストレッチを1年間行った方の改善結果です。1年行えば随分と改善できるようです。
s1509092041_000

■ストレートネック関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-肩こり・腰痛・膝痛
-,

Copyright© 健康長寿の道 , 2019 All Rights Reserved.