肩こり・腰痛・膝痛

テニスボールエクササイズで肩こり解消 マッサージ師さんが伝授 ゲンキの時間

更新日:

スポンサードリンク

TBSテレビ「ゲンキの時間(元気の時間)」4月3日でマッサージ師 安達淳子さんが行っていたテニスボールを使った肩こり解消法が放送されましたので紹介したいと思います。
安達さんは、女子サッカーなでしこジャパンのスポーツトレーナーとしてアテネオリンピックにも帯同した方だそうです。

テニスボールで肩こり解消

安達さん、いつもはマッサージでお客さんの肩こりをほぐしているんですが、一日中行うため自分自身が肩こりになるんだそうです。
そこで、自分自身の肩こり解消法として行っていることがありました。
それがテニスボールを使ったエクササイズです。
テニスボールを直接、肩に当てて肩をほぐすと思いきや、胸、脇、首の後ろの3箇所をほぐすというものです。安達さんによると、肩だけほぐしても意味がないそうです。
重視するポイントは、肩甲骨をどれだけ動くようにするかなんだそうです。
安達さんは普段、前かがみになり、マッサージを行っています。
こうすると猫背になり、肩甲骨が固まりがちになります。
肩甲骨が固まるとその周辺の血流が悪くなります。
これが、肩こりを引き起こすことになるということです。
これは、パソコンやスマホなどで長時間前かがみの姿勢を行うことで肩こりになる人にもあてはまることです。

なぜ、胸の筋肉をほぐすと肩甲骨周りをほぐすことになるのか?
実は、肩甲骨の一部は身体の前にも回り込んでいるからです。胸の小胸筋が凝ると肩甲骨を前傾させてしまい肩こりの原因となるといいます。
脇の下も大円筋、小円筋、上腕三頭筋、前鋸筋が肩甲骨につながっているので脇の下をほぐすことも肩こりに有効だということです。
首の後ろも僧帽筋が肩甲骨につながっており肩こりに有効です。

テニスボール使った肩こりエクササイズのやり方

1.腕の付け根の胸のあたりをコロコロほぐす(左右1分ずつ)
katakori1604030726_000
2.脇の下をコロコロほぐす(左右1分ずつ)

waki1604030726_001
3.首の後ろをコロコロほぐす(1分)

ushiro1604030726_003
合計5分行うのが目安です。

やってみるとけっこう痛気持ちいいですし、楽になった感じになりますね。
日頃、パソコン、スマホを使い続けている人にも効きそうです。

テニスボールは、ちょうどいい硬さのためか様々な身体の箇所をほぐすのによく使われるものですね。

■関連記事

テニスボールを使ったストレートネックが原因の肩こり改善法です。
bkprs.com/katakori-kaizen-tennisball/

トリガーポイントにテニスボールを当てて改善する方法です。
bkprs.com/triggerpoint-ims/

テニスボールは筋膜はがしにも使用できます。
bkprs.com/kinmaku-hagashi/

●肩・腰・ひざの痛みに飲んで効く!医薬品として効果・効能が認められた富山の薬♪
初回限定価格でお試しいただけます 富山常備薬のリョウシンJV錠

●肩・腰・ひざの痛み!本気で治したらなら漢方に学んだ再春館製薬所の医薬品「痛散湯」
無料試供薬のお申込みはコチラ 再春館製薬所の痛散湯

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-肩こり・腰痛・膝痛
-,

Copyright© 健康長寿の道 , 2018 All Rights Reserved.