当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

肩こり・腰痛・膝痛

膝痛の予防・改善法 プロテオグリカンの増やし方 小分けウォーキングとは?

更新日:

スポンサーリンク

テレビ朝日「たけしのみんなの家庭の医学」で膝痛(ひざ痛)の新事実としてひざを若返らせる物質プロテオグリカンについて放送されましたので紹介したいと思います。

今回、このプロテオグリカンについて教えてくれるのが膝治療の専門家 千葉大学大学院 特任教授 渡辺淳也医師です。

渡辺淳也医師のプロフィール

医療法人社団淳朋会変形性関節症センターセンター長、千葉大学大学院医学研究院整形外科学客員教授。

1996年千葉大学医学部卒業。同大学医学部附属病院整形外科勤務などを経て、2005年同大学大学院医学研究院修了、同年医学博士。2014年千葉大学大学院医学研究院総合医科学講座特任准教授、東千葉メディカルセンター整形外科副部長を兼務。2016年東千葉メディカルセンターリハビリテーション科部長を経て、2021年より現職。

日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会スポーツ認定医、日本整形外科学会リウマチ認定医、日本リハビリテーション学会臨床認定医現職。専門分野は膝関節外科学、スポーツ医学、画像診断学、リハビリテーション医学。

プロテオグリカンが、なぜ膝痛に?

高齢化社会の日本では、最近よく膝痛が話題に上ります。

その多くは変形性膝関節症と呼ばれるものです。

軟骨が磨り減ることで起きるもので、加齢が大きな原因と考えられています。

そのため、ある程度年齢が行くと膝が痛くなるのも仕方がないと考える人も少なくありません。

しかし、その膝痛に関して最近、膝を若返らせる物質があることがわかってきました。
それが今回取り上げられたプロテオグリカンでした。

どこかで聞いたようなと思った方や、美容に関心が高い方なら、私は既にサプリとして愛飲しているという方もいるんじゃないでしょうか。

このプロテオグリカン、コラーゲンやヒアルロン酸と同様に肌に潤いを与える成分として注目されている物質です。

以前は抽出するのが大変で驚く程高価でしたが、最近になりサケの鼻軟骨から低コストで安全に抽出することができるようになったので比較的安価な値段で購入することができるようになりました。

このプロテオグリカン、膝の軟骨にも存在し、膝の若返り物質として今注目されています。

プロテオグリカンという物質自体は、1970年代に発見されもので、特に新しい物質ではなく、昔から知られている物質です。

なぜ注目されるようになったかというと、ここ最近、MRIでプロテオグリカンが分析できるようになり、変形性膝関節症の早期診断と治療が可能になったからだそうです。

渡辺医師によるとこの膝軟骨のプロテオグリカンを増やせば、膝を若々しく保つことができ、痛みも軽くすることができるといいます。

Q.なぜプロテオグリカンが多いと膝が若々しく痛みが出ないのか?

プロテオグリカンには、軟骨の中に水分を蓄える働きがあるためです。これにより膝に圧力が加わると軟骨の水分が出ていき、圧力が無くなると水分が軟骨に戻り、膝の衝撃を和らげるクッションの役目をしてくれます。

125487

スポンサーリンク

プロテオグリカンが減少する原因は?

プロテオグリカンは、日常生活において増えたり減ったりする物質ですが、特に減る3つの原因がありました。

■プロテオグリカンを減らす三大条件
(1)体重増加
(2)40歳以上
(3)女性

3つのうち、2つ以上該当する方は、プロテオグリカンが減っている可能性があります。今、膝痛がなくても今後出てくる可能性があります。

(1)の体重増加は、膝には体重の3倍負荷がかかるため、軟骨が痛みやすくなり、軟骨が傷つけば、スポンジ機能が低下して、酸素・栄養分が吸収しづらくなるため。
(2)の40歳以上は、40代から徐々に軟骨の変性が進みプロテオグリカンが作られづらくなるため。
(3)の女性は、女性ホルモンのエストロゲンが減少することで軟骨変性が男性に比べて2倍起こりやすいため。

つまり、40歳以上の女性はすべて該当するというものでした。

プロテオグリカンを増やす方法とは?

日常生活で膝を曲げ伸ばしを多くするとプロテオグリカンは増えるといいます。

これは、曲げ伸ばしによって血流が良くなることと、軟骨のスポンジ機能が働き、軟骨に酸素、栄養が多く取り込まれるためと考えられるそうです。

この膝の曲げ伸ばしは、ウォーキングでも有効だといいます。そこで渡辺先生より効率的なウォーキングが紹介されました。それが小分けウォーキングです。

小分けウォーキングのやり方は?

13516565
1回10分のウォーキングを1日3回行う。

ポイントはなるべくももを上げて大股で歩くとより効果がアップ!

※ただし、痛み出た場合はすみやかにやめてください。
また、行ったらシールを紙に貼るなどして結果を残すとやる気が持続できます。

プロテオグリカンを増やす小分けウォーキングの検証

今回、番組では膝痛の女性、大野さん(71歳)に今回の小分けウォーキングの運動を2週間行ってもらいました。

たった2週間だけなのに、プロテオグリカンの量は、80代レベルから70代レベルの量に増えて、膝痛も改善されました。

膝痛改善には、よくウォーキングが良いと言われますが、プロテオグリカンが増えるという理由があったんですね。

とはいっても、膝痛の時は、なかなかウォーキングなどの運動をしたくないものです。運動をしなくても膝痛改善ができる方法があるといいですけどね。

プロテオグリカン配合「国産プロテオグリカン」

膝痛には、プロテオグリカンが良いということで、今人気のプロテオグリカン配合のサプリメントを一つ紹介します。

それが、やわたの「国産プロテオグリカン」です。

プロテオグリカンとコラーゲンは、年齢と共に減少する成分です。

やわたの「国産プロテオグリカン」は、プロテオグリカンとⅡ型コラーゲンの2つの軟骨成分が配合された機能性表示食品です。

2つの成分には、ひざ関節の曲げ伸ばしを伴う動きを改善する機能があることが報告されています。

正座や階段の上り下り、立ち上がりなどでひざ関節が気になる方におすすめです。

やわたの「国産プロテオグリカン」といえば、船越英一郎さんでお馴染みですね。信頼度は高く、安心の商品です。

やわたの国産プロテオグリカンを飲んだ方の口コミ

■Mさん(72歳・男性)日課はウォーキング 1万歩!
健康のために、毎日欠かさず ウォーキングで汗を流しています。年齢の割に シャキシャキ歩くねって言われます。ひざの調子がいいので、1日1万歩以上歩いていますよ 。

■Oさん(81歳・女性)テニスのコーチも現役!
コーチ中は2時間ずっと立ったりしゃがんだりの連続。サッと動けて、パッと 立ち上がれます。80代には見えないって言われますよ。一粒でいいっていうのが一番ありがたいですね 。飲むのが楽なので続けやすいです。

※個人の感想であり、効果効能を示すものではありません。

やわたの「国産プロテオグリカン」

定期便なら、通常価格2,160円(税込)のところ、10%OFFの1,944円(税込)とお得です。2回目以降もずっと10%OFFです。

定期コースですが、回数の縛りはなく、いつでも解約OKなので安心です。

ぜひ、お得なこの機会をお見逃しなく!

まとめ

膝を若返らせる物質プロテオグリカンについて紹介しました。

プロテオグリカンは、膝痛に有効な成分として今注目されています。プロテオグリカンは、年齢と共に減っていく成分です。

プロテオグリカンを増やす方法としてウォーキングが有効です。さらに効率的に増やすには、小分けウォーキングがおすすめです。

実際にやってもらったところ2週間で、プロテオグリカンが増えることが確認されました。

ウォーキングは、膝に良いということですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-肩こり・腰痛・膝痛
-, ,

© 2023 健康長寿の道