認知症

認知症予防に毒素LPSを減らすハチミツ 猪原匡史先生 たけしのみんなの家庭の医学

更新日:

はちみつ

スポンサーリンク

テレビ朝日「たけしのみんなの家庭の医学」1月23日で、認知症の原因物質LPSとその撃退法について放送されましたのでまとめてみました。
今回、解説してくれた先生は、認知症研究の名医 国立循環器病研究センター 猪原匡史医師です。

認知症予防に毒素LPSを減らすハチミツ

認知症は、未だに発症の詳しいメカニズムはわかっていません。
そのため、発症を防ぐ有効な手段はまだ見つかっていません。

そんな認知症ですが、最新の研究によって、認知症を引き起こす原因物質の一つが発見されました。この原因物質が発見されたことで、認知症の予防に役立てられるのではないかと期待が寄せられています。
この研究は、イギリス セントラルランカシャー大学の研究チームの論文において発表されたものです。
研究では、10名の認知症患者の脳を死後、解剖したところ4名にある共通する毒素が見つかったとあります。

その毒素の名前は「LPS」です。

この毒素LPSが、認知症を引き起こす原因物質の一つとして今、世界中の研究者が注目しています。

Q.毒素LPSとは、一体どんな物質なのか?

LPSは、誰の身体にも存在しているもので、体内にいる常在菌が出している毒素です。
LPSが何らかの原因で異常に増加すると、脳細胞などで炎症が発生します。その結果、脳細胞が死滅し、認知症の発症の原因になっているのではと考えられています。

Q.このLPSが増加している人とは、どんな人なのか?

LPSが増加している人にはある共通点がありました。
それは、口臭の臭いです。LPSが多いと、生ゴミのような腐敗臭のガスが発生します。
そのため、寝起き一番の口臭を嗅げば、腐敗臭があるかどうかでLPSが増加しているかどうかが分かります。
また、オーラルクロマという機器を使えば、LPSが多いと発生するガスの量を数値として測定できます。この数値が高いとLPSが増えている可能性があります。

Q.口の中にはどれくらいの菌がいる?

健康な人でも約2000億の常在菌がいます。口腔ケアをしないと1兆個いると言われています。その一部の歯周病菌などの悪玉菌が毒素LPSを出していると考えられています。
悪玉菌の数が増えるとLPSが増え、認知症のリスクを高めます。

Q.認知症の方は口臭があるの?

認知症の方が全員口臭があるわけではありません。口臭があると認知症のリスクが高まるということです。

Q.歯磨きをしっかりすればLPSはなくせる?

歯磨きで悪玉菌を減らすことができ、一定の効果がありますが、LPSを完全になくすことはできません。

Q.では、どうしたら毒素LPSを減らすことができるのか?

毒素LPS撃退のカギをにぎるのがハチミツです。

スペインの大学で発表した論文によると、LPSにより炎症が発生した細胞に、ハチミツのフラボノイドを注入すると炎症が50%抑えらることが分かりました。

ハチミツのフラボノイドは、抗炎症効果、抗酸化作用がとても強く、身体に良いものと言われています。

特にハチミツに含まれる10数種類のフラボノイドが、体内のLPSの働きを低下させ、炎症を鎮め、元通りにしてくれる作用があると考えられています。

九州大学大学院 武洲先生の研究においては、ハチミツどほぼ同じ種類のフラボノイドを持つプロポリスを使用した、細胞レベルの実験において、LPSを撃退することが分かっています。現在、人間への効果を検証中です。

フラボノイドとは
主に植物などに含まれる成分で、ウイルスや細菌などを撃退する強い抗菌力を持ちます。種類は4000種類以上。例えば、大豆に含まれるイソフラボン、緑茶に含まれるカテキン、ブルーベリーのアントシアニンなどがあります。

スポンサーリンク

認知症予防の検証

今回、ハチミツでどけだけ脳の毒素LPSを撃退し認知機能が改善できるのか番組独自の検証を行いました。

検証内容

  1. LPSを減少させるハチミツ摂ること(就寝前スプーン1杯だけ)
  2. LPSを生む口の悪玉菌を除去のため歯磨き(3食の後、すぐに行う)

ハチミツを就寝前に摂るのは、LPSは就寝中に増えるので、より効果的と考えたためスプーン1杯程度としたのはハチミツは糖分が多いのでこれくらいが適量。

上記2点を今回、口臭の数値が高かった女性(78歳)の方に5日間行ってもらいました。

検証結果

口臭の数値は、以前の4分の1まで下がり基準値まではいかないまでも口臭はかなり改善されました。また、血液中のLPSも0.004から0.003減少しました。

たった5日間だけですが、数値として改善が見られました。

この結果について、猪原医師も非常に期待をもたらせるものだと言っています。名医もこの効果に期待していました。

まとめ・感想

たった5日間だけでも、数値として改善するんですね。ハチミツは身近な食品ですが、こんな効果もあるんですね。毎日スプーン1杯のハチミツ摂取は、良いかもしれませんね。

■関連記事

アロマを認知症患者に約一ヶ月間試したところ8割以上の患者に改善が見られました。

認知症予防にアロマ(ローズマリーカンファー・レモン)トリゴネコーヒー 浦上克哉先生 サタデープラス

目次1 認知症予防に最も信頼する予防法 アロマ1.1 認知症予防1:歩く量を増やす1.2 認知症予防2:足指だけで新聞破り1.3 認知症予防3:トリゴネコーヒー1.4 認知症予防4:アロマオイルを嗅ぐ ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-認知症

Copyright© 健康長寿の道 , 2019 All Rights Reserved.