コレステロール

LDL(悪玉)コレステロールが高くなる原因・改善法は酒粕とウォーキング ゲンキの時間で紹介

更新日:

スポンサーリンク

TBSテレビ「ゲンキの時間」で、コレステロールについて放送されましたので紹介します。

解説:東京女子医科大学 医師 市原淳弘先生

コレステロールの役割

コレステロールには、悪玉と善玉があって悪玉コレステロールは減らすように、善玉コレステロールは増やすようにしたほうがいいと言われます。

でもこのコレステロール、一体どうしたら増やしたり、減らしたりできるのか、いまひとつよくわかりません。

まずは、2つのコレステロールの役割です。

LDLコレステロールはコレステロールを体の細胞内に配る役割をします。

HDLコレステロールは余ったコレステロールを回収する役割をします。

LDLコレステロールが増えすぎると、血管内にコレステロールがたまり、プラークができやすくなり脳梗塞や心筋梗塞の原因となります。

そのことからLDLは悪玉と言われ、コレステロールを回収してくれるHDLは善玉と呼ばれます。値よりもLDLとHDLの比率が重要だといいます。

LDL(悪玉)コレステロール/HDL(善玉)コレステロール=2以下が正常値

3以上は危険域、2~3は注意

LDL(悪玉)が基準値を超えていても、HDL(善玉)が高くて比率が2以下なら問題はないとのことです。

スポンサーリンク

LDL(悪玉)コレステロールが高くなる原因

これまで、コレステロールのとり過ぎはよくないと言われていましたが、2015年アメリカでは、コレステロールの摂取制限の必要はないという報告が、日本でもこれまで摂取制限値を設けていましたが、2015年には算定されなくなりました。

これは十分な科学的根拠が得られなかったため、目標量の算定は控えることにしたということでした。

コレステロールの多い食品を食べてもコレステロール値が上がる人と上がらない人がいるといいます。

実は、人のコレステロールは約3割は食べ物から、残りの約7割は肝臓で合成されるといいます。

そのためコレステロールの摂取量が増えると、人は肝臓でコレステロールを作る量を減らし調整するといいます。

ではなぜコレステロールを調整する能力があるのにコレステロールが高い人がいるのか?

それには、次にような様々な原因があるといいます。

原因1:食べ過ぎ・肥満

食べ過ぎるとアセチルCoAが増えてしまい肝臓でコレステロールを作り出してしまうためです。肝臓でコレステロール量が調整できなくなりLDLを増やす原因になります。

内臓脂肪がたまる肥満もLDLを増やす原因になります。

原因2:飽和脂肪酸(動物性脂肪)

食べ物の中では、コレステロールを多く含む食品よりもバターや肉の脂などの飽和脂肪酸はLDLを増やす原因になります。乳製品も動物性脂肪が多く含まれるので注意が必要です。

原因3:運動不足・睡眠不足

運動不足・睡眠不足は、体の代謝が落ちてしまいエネルギーが蓄積しやすくなるためLDLを増やす原因になります。

原因4:飲酒・喫煙

飲酒・喫煙は、LDLを増やす原因と言われています。

原因5:閉経

女性の場合、閉経になるとエストロゲンというホルモンが減ります。エストロゲンはLDLを取り込み分解を助ける働きがあるので、減少することでLDLを増やす原因になります。

若い頃と同じような食事や運動不足になるとLDLが増える傾向にあります。

原因6:体質

食事のコレステロールの吸収率が非常に良い人が日本人の約3割いると言われています。この体質的に吸収が良い人はコレステロールの多い食品には注意が必要です。

コレステロール改善法

改善法1:ウォーキング

ウォーキングなどの有酸素運動は、HDL(善玉)コレステロールを増やすのに効果的です。HDL(善玉)は血管内のプラークも除去してくれます。

目安は、脈が上がるスピードのウォーキングを40分~1時間。

改善法2:酒粕

コレステロール改善の食べ物は、大豆食品や青魚などがありますが、オススメは酒粕です。酒粕のタンパク質には、小腸で余分なコレステロールを排除しLDL(悪玉)を下げる働きがあります。

板状の酒粕を軽く焼き、オリゴ糖やハチミツをかけたものがオススメです。

酒粕は、1日50gが目安。甘酒でもOK。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-コレステロール
-, , , ,

Copyright© 健康長寿の道 , 2019 All Rights Reserved.