健康トピック 血管

山うにとうふ・樫の木豆腐の血管若返り効果 グリシニンが3倍 サタデープラス

投稿日:

スポンサードリンク

TBSテレビ系「サタデープラス」5月21日で、血管若返り食材として樫の木豆腐と山うに豆腐が取り上げられましたので紹介します。教えてくれた先生は、長寿研究でお馴染みの白澤抗加齢医学研究所 医師 白澤卓二先生です。

樫の木豆腐の血管若返り効果

kashinoki__1605210853今回、サタデープラスで血管若返り食材として紹介されたのが、樫の木豆腐です。
はじめて耳にする豆腐ですが、熊本県の五木村の伝統食材なんだそうです。
この豆腐の特徴はとにかく硬い所だといいます。硬い豆腐はそう世の中にはないので、どれだけ硬いのか指を押すお客さんがいるので、販売店では豆腐を指で押さないよう貼り紙がしてあったりします。
この豆腐、何かスゴいかというと普通の豆腐の3倍の栄養成分があるところです。
なぜ、3倍の栄養成分があるかというと、通常の3倍の大豆を使用して、しっかり圧縮して固めた豆腐だからです。
豆腐に含まれるグリシニンは、悪玉コレステロール値や中性脂肪を下げてくれます。これにより動脈硬化を防ぐことができ、血管にとてもいいということです。
樫の木豆腐は、このグリシニンも通常の3倍含まれていることになるのでオススメの豆腐だということです。
五木村の方の血管年齢を10人測定してみたところ、そのうち3人の方が実年齢よりも若いという結果になりました。その3人の方に聞くと、みなさんこの樫の木豆腐を毎日食べているそうです。樫の木豆腐の血管若返り効果が出ているようです。

樫の木豆腐(五木豆腐)です。
kashinoki__1605210854■五木豆腐店
樫の木豆腐はこちらで購入できます。
itukitofu.com/

山うにとうふは樫の木豆腐より健康効果が高い

yamanouchi_1605210906_001樫の木豆腐より、さらに健康効果が高いという豆腐が山うにとうふです。
山うにとうふは、まるでうにのような食感があるということで山うにとうふと付けられたそうです。山うにとうふを作っているお店が、熊本県五木村にある五木屋本舗です。
山うにとうふは、樫の木豆腐を冷蔵庫で1日乾燥させ水分を飛ばし、もろみ味噌で半年漬け込んだものです。
山うにとうふの歴史は古く、約800年前が始まりとされ、村の保存食として親しまれてきたそうです。山うにとうふは、樫の木豆腐に加え、もろみ味噌の成分が加わっているので豆腐の栄養成分に加え、味噌の栄養成分も摂れるのでより健康効果が高いということです。味噌の栄養成分の中でもビタミンBは脳を活性化させてる働きがあります。山うにとうふは、血管に加え脳にもいいということです。

■山うにとうふの食べ方
yamaunitofu_1605210902_003山うにとうふは、ご飯のお供として、ご飯に山うにとうふをのせて食べるのがオススメです。山うにとうふに含まれる大豆タンパクには、糖の吸収を抑える働きがあるのでごはんと一緒に食べた時の血糖値の上昇も抑えてくれる効果が期待できます。
また、肉と一緒に炒めて食べるのもオススメです。こうすることで動物性タンパク質と植物性タンパク質の両方を一度に摂ることができます。
もちろん、お酒のあてなどとしてそのまま食べてもおいしいそうです。

味のほうは、クリームチーズのようで香りも良くとてもおいしいそうです。
日本だけでなくフランスでもフォアグラのようだと大人気だったそうです。

山うにとうふは、熊本県のアンテナショップやネット通販で購入できます。

■山うにとうふ

山うにとうふ オリジナル

■五木屋本舗
番組で紹介された山うにとうふを販売する五木屋本舗さんのサイトです。
itsukiyahonpo.co.jp/

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-健康トピック, 血管
-

Copyright© 健康長寿の道 , 2018 All Rights Reserved.