健康トピック

顔のシミの原因・対策 赤いシミはがんのタネ 茶色いシミは摩擦 NHKためしてガッテン

更新日:

スポンサーリンク

年を重ねるごとに増えてくるのが、顔のシミです。そんな顔のシミについて、NHKテレビ「ためしてガッテン」1月20日で放送されましたので紹介します。

ご存知でしたか、顔のシミにも赤いシミと茶色いシミの2つがあるんです。それぞれのシミ対策について説明します。

赤いシミはがんのタネの疑い

シミの中でも赤いシミは注意が必要だといいます。赤いシミの中には、日焼けによるがんのタネの可能性があるんです。

今回、検査の結果100人中19人の人に見つかりました。これは、日に当たっている人を対象にしたので高い確率となりました。

なぜ赤くみえるのかは、がんのタネを攻撃するため免疫細胞を運ぶ血管が太くなるためでそれが透けて赤く見えるということでした。がんになるシミは赤色が多く、茶色いシミががんになる可能性は低いと考えられています。

shimi1601202009_002

このがんのタネである赤いシミは、日光角化症と呼ばれる病気です。

特徴

赤くなる他にいくつかの特徴があります。

  • 触ると表面がザラザラしていて、指先にチクッと感じることもある
  • 2~3ヶ月経っても赤みがひかない
  • 夏だけでなく冬でも赤みが増える
  • かゆみや痛みなどはほとんどない

日焼けすると赤くなるだけで黒くなりにくい人や長期間日光に当たる生活をしていた人は、赤いシミができやすい人なので要注意です。

特徴に当てはまる赤いシミがあった場合は、まずは皮膚科で診てもらって下さい。早期発見、早期治療で簡単に治るといいます。

治療法

赤いシミである日光角化症は、塗り薬によって治すことができます。その塗り薬がイミキモドクリームと呼ばれる病院で処方される薬です。

イミキモドクリームは、皮膚の中の免疫細胞を活性化させる力があります。これを塗ると最初は、悪化するかのように皮膚がグジュグジュになって広がったり、皮膚の他の部分も赤くなったりします。これは、あぶり出し効果といって、隠れたがんのタネも攻撃するためで、その後、塗り続けて行くと赤いシミは消えていくといいます。

他には、液体窒素で治療する方法があります。液体窒素を綿棒で患部に当てるもので治療時間は1分未満です。まだがんのタネが小さく少ない場合は、この治療法で皮膚の表面を凍傷させて、薄くはがして簡単に治すことができます。

予防法

赤いシミは、紫外線による日焼けによってできます。つまり、日焼け止めクリームを塗って紫外線を防ぐことで予防できます。

肌に届く紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類があります。UV-Bは肌を黒く日焼けさせます。この時、細胞のDNAも破壊されがんのタネができますが、通常はDNAを修復する機能によって細胞は、正常に戻ります。

UV-Aは、あまり日焼けは起こしませんが、肌の奥まで到達して活性酸素を発生させます。これによりDNAを修復する機能を弱らせます。そうなるとDNAを修復することができず、壊れた細胞が増えてがんのタネができてしまいます。

つまりUV-AとUV-Bの両方の紫外線を防ぐ必要があります。特に冬は、肌が白くなり紫外線の影響を受けやすいので、UV-A対策もしっかりすることが大切だといいます。

日焼け止めクリームには、UV-AとUV-Bをどれだけ防ぐか数値で表示されています。

UV-Aは、PAのプラスの数で強さが表示されています。

PA+(効果がある)PA++(かなり効果がある)PA+++(非常に効果がある)

UV-Bは、SPFの数値で強さが表示されています。

SPF20~SPF50+

皮膚科医監修 日焼け止め商品

日焼け止め商品は、世の中にたくさん売られています。どれにするか迷ってしまいますが、やはり医師監修の商品は安心です。

こちらは美肌女医で知られる皮膚科医 三浦麻由佳医師監修の日焼け止め(サンケア)商品です。日焼け止めクリームをはじめ、乳液、パウダー、サプリがあります。使いながら綺麗になる日焼け止めと人気です。
日焼け止めクリーム・乳液・サプリ・パウダー

スポンサーリンク

茶色いシミは摩擦

茶色いシミの原因の一つが摩擦によるものです。スキンケアや洗顔で顔をこすることで肌の内側に炎症が起き、メラニンがたまり茶色いシミになるということです。

無意識に行う何気ない顔を触るクセや肌に当たる髪の毛、髪の毛をかきあげる手などもシミの原因になるといいます。

茶色いシミは、その人の習慣やクセが影響するということです。普段の習慣やクセを改善させて摩擦を減らす生活をすれば、すぐに効果はでませんが続けることでシミは改善されるといいます。

番組の検証では、2週間という短い期間でも肌の炎症の数値や茶色の数値も減ることが分かりました。ただ、目に見える改善には、やはり数ヶ月はかかるようです。

<摩擦を減らす改善例>

  • 洗顔は、摩擦の少ない泡洗顔にする
  • クレンジングは拭き取り用をやめて洗い流し用にする
  • 化粧道具を柔らかい素材に変える
  • 顔のマッサージは、オイルや乳液などを使って摩擦を減らして行う

今人気のシミ対策商品

●サンスターのシミをもとから抑制する話題のリノレックS配合の美白美容液!
ホワイトロジーの美白3点体験セットモニターはコチラ

●シミ・そばかすに飲んで効く富山の医薬品「キミエホワイトプラス」
キミエホワイトプラス【初回限定価格にて提供中】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-健康トピック
-,

Copyright© 健康長寿の道 , 2019 All Rights Reserved.