テレビやネットから、気になる健康情報を取り上げています。

健康長寿の道

健康トピック 免疫力を上げる方法

オリバナナの作り方レシピ・オリーブオイルの体温を上げる保温効果 松生恒夫先生 サタデープラス

投稿日:

アドセンス 336×280

スポンサードリンク

TBSテレビ系「サタデープラス」3月5日のドクタープラスで、体温を簡単に上げるスーパー調味料としてオリーブオイルとそのオススメレシピ、オリバナナが紹介されましたのでまとめてみました。オリーブオイルの温め効果について教えてくれるのは、オリーブオイルの健康効果の本を多数出版している 松生クリニック院長 松生恒夫先生です。

オリーブオイルの体温め効果

免疫細胞の約6割が腸に存在すると言われ腸は免疫力に大きく関わっています。そのため松生先生によると腸が冷えると腸の機能が落ちて、免疫力が低下するといいます。腸の冷えはとても健康には良くありません。そこで腸を冷えから守る食材として松生先生がオススメするのがスーパー温め調味料オリーブオイルです。

オリーブオイルを入れたスープと入れないスープを飲んで比較した実験では、1時間後にはオリーブオイルを入れたスープを飲んだほうが明らかに温かさが持続していました。
oli1603050856サーモグラフィーで見るとしっかり違いが確認できました。

なぜオリーブオイルで体温がアップするのか?
オリーブオイルには保温持続効果があるためです。温かいものと一緒に摂ると温かさが持続するといいます。これはオリーブオイルの油膜は薄く均一に広がるからで、これにより体内でフタをするような状態になるため温かさが持続すると考えられています。つまり、オリーブオイルの温め効果を得るには、温かいものと一緒に摂るというのがポイントです。同じ油でもサラダ油の油膜は広がる範囲が狭いのでオリーブオイルのような効果は期待できないそうです。

ちなみに松生先生はココアにオリーブオイルをちょい足しして使っていました。

オリバナナの作り方レシピ

オリバナナは、バナナを使ったオリーブオイルの温め効果を最高に得る松生先生オススメのレシピです。バナナにはオリゴ糖が豊富で善玉菌のエサとなり腸内環境を整える効果が期待できます。そこにオリーブオイルの保温効果で免疫力がさらに高まるということです。
<材料>
オリーブオイル … 大さじ1
バナナ … 1本
<作り方>
(1) フライパンにオリーブオイルをひく。
banan1603050859_001(2) 輪切りにスライスしたバナナを入れて約3分炒める。
banana_1603050859_003(3) 両面に焦げ目が付いたら出来上がり。
banana603050859_006気になる味のほうですが、試食したゲストの押切もえさんによると「おいしいです。オリーブの香りが気になるかなと思ったら、バナナの甘さが引き立っておいしいです。」とコメント、また丸山隆平さんは「オシャレスイーツだな。」というコメントがありました。結構、味のほうはいいようです。寒い日の朝食に体を温めるのにいいかもしれません。
また、このオリバナナに蒸ししょうがをかけるのも結構いけるみたいです。これは最高の体温め料理になりますね。
■松生恒夫先生のオリーブオイルの本

オリーブオイルで老いない体をつくる (平凡社新書)

■ボスコ オリーブオイル
松生先生がココアのちょい足しで使っていたオリーブオイルです。

ボスコエキストラバージンオリーブ油 500ml


■ガルシアエクストラバージンオリーブオイル
Amazonで人気のオリーブオイルです。

ガルシアエクストラバージンオリーブオイル ペット 1000ml


■蒸ししょうがの記事

蒸ししょうがの作り方レシピ・体温免疫力を高める効果 石原新菜先生 小島瑠璃子さんが挑戦 サタデープラス

336x280

スポンサードリンク

336x280

スポンサードリンク

-健康トピック, 免疫力を上げる方法

Copyright© 健康長寿の道 , 2018 All Rights Reserved.