ダイエット 血管

食前キウイフルーツの血管若返り・サイズダウン効果 本多京子先生 サタデープラス

更新日:

スポンサーリンク

TBSテレビ系「サタデープラス」7月23日で、血管に良い食材としてキウイについて放送されましたのでまとめてみました。キウイの健康効果を教えてくれる方が医学博士で管理栄養士の本多京子先生です。

食前キウイフルーツの血管若返り

これまでサタデープラスでは、血管に良いと言われる様々な紹介されてきました。今回の血管を守る最強食材は、キウイフルーツでした。

本多先生は、キウイフルーツを毎日食べているといいます。

キウイフルーツなんて、リンゴやみかんと同じで、フルーツの中の一つ程度に思っていたのですが、意外に血管に良く、サイズダウン効果もあるみたいです。

なぜ、キウイが血管の若さを保つのにいいのか?

キウイには、血管の若さを保つ食物繊維、カリウム、ビタミンCの3つの栄養素が豊富に含まれています。さらに、栄養充足率も主要フルーツの中で10.6とナンバーワンです。その結果、キウイには、高血糖、高血圧、高中性脂肪改善効果が期待できます。この効果は、どれも血管にとても良いからなんですね。

栄養充足率とは

17種類の栄養素(たんぱく質、食物繊維、カルシウム、鉄、マグネシウム、カリウム、亜鉛、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12、ビタミンA、ビタミンE)がどれだけ含まれるかを表すものです。

でも、本当にキウイが血管にいいの?

そこで、キウイの一大生産地ニュージーランドのキウイ農家の5人の方の血管年齢を測定してみました。

なんと血管年齢は、平均約-21歳で、5人すべての方の血管年齢が実年齢より大幅に若いという結果になりました。最高に若かった方は-31歳でした。

食前キウイがオススメ

では、キウイは、いつ食べればいいかということですが、食事の前に食べるのがオススメです。これにより、血糖値の上昇を抑える効果が期待できるからです。

キウイは甘いので血糖値が上がるように思えますが、豊富な食物繊維によって、血糖値の上昇は抑えられるようです。

■食前キウイフルーツのツイート


キウイの肉・魚を柔らかくする効果

キウイには、タンパク質分解酵素アクチ二ジンが含まれているので、漬けおくことで肉や魚を柔らかくする効果が期待できます。

夏にぴったりのフローズンキウイ

フローズンキウイは、キウイを切って凍らせただけのものです。シャーベット状になり夏にピッタリのデザートです。さらに、キウイスカッシュもオススメです。キウイスカッシュは、賽の目状に切って凍らせたキウイをコップに入れ、炭酸水を注ぎ入れたものです。暑い夏にスカッとするドリンクですね。

スポンサーリンク

キウイのサイズダウン効果

一般の方3名の方に、キウイを1日2個の食前キウイを10日間試してもらいました。

その結果、2人の方に大幅なへそ周りのサイズダウンがみられました。さらに全員に若干の体重減少も見られました。

これは、キウイに含まれる食物繊維が腸内環境を整えてくれることによるものと考えられます。

ちなみに食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、キウイはその割合が2:1と理想的な割合で含まれます。

日本人は、食物繊維が不足しているといわれていますので、キウイはおすすめの食材ですね。

その他の血管に良い食材

本多先生が、キウイフルーツ以外に血管に良い食材だというのが水ダシと魚の缶詰です。

■水ダシ

料理に水ダシを使うことで旨味が効くので、塩は少なくて済みます。つまり、美味しく減塩できるということです。

<作り方>
水の入ったペットボトルに昆布・煮干しを入れて一晩置けば完成。

水ダシの作り方はとても簡単です。

■魚の缶詰

魚は、缶詰を使用するという本多先生。どうしてかというと、魚の缶詰は、旬の脂ののった時に缶詰に加工されるからです。魚を缶詰にすることで、酸化していないEPA・DHAを摂ることができます。血管に良いといわれるEPA・DHAをしっかりとることができます。

魚の缶詰というと、時間が経っているので新鮮さに欠けるイメージですが、旬で捕れた魚をそのまま加工し密封した状態になっているんで、栄養はとても高いんですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ダイエット, 血管

Copyright© 健康長寿の道 , 2019 All Rights Reserved.