ダイエット 健康トピック

花豆の栄養・効果効能・食べ方は?長野県佐久地方 サタデープラス

更新日:

スポンサーリンク

TBSテレビ系「サタデープラス」で、医師がオススメの健康食材として取り上げられた長野県佐久地方が産地の花豆について紹介したいと思います。

花豆とは?

花豆が健康食材として注目されています。

花豆とは?

花豆(紫花豆)は、メキシコの高原原産のインゲンマメ属の多年草(日本では一年草扱い)。正式名称は、ベニバナインゲン。大航海時代に欧米に導入され、日本へは江戸時代末期に渡来したが当初は観賞用にとどまり、本格的な栽培が始まったのは明治時代に入ってからのことである。
寒冷な気候を好み、日本では主に長野県や北海道および東北地方で栽培される。花は紅色で、豆には虎斑模様がある。変種に花や実が白いシロバナインゲン(白花豆)がある。日本では熟した豆を煮豆や甘納豆、餡の原料とすることが多いが、欧米では若い莢を食用とする。

花豆の産地の一つが、長野県佐久地方です。

長野県佐久地方と言えば、長寿日本一の長野県の中でもさらに長寿の地域です。

この地域で食べられているということは、花豆が長寿に貢献しているのかもしれません。

紫のまだら模様が特徴の大きな豆の花豆は、地元でも皆さん知っている有名な豆です。

スポンサーリンク

花豆の栄養・効果効能は?

花豆にはビタミンB1・B2が豊富に含まれています。ビタミンB1・B2は糖質や脂質がエネルギーに変換するのを助けてくます。そのため肥満を予防する効果が期待できます。

また、脂質が少なくカロリーは、大豆の約8割と低いです。カルシウムが比較的多く含まれ、骨粗鬆症の予防も期待できます。

紫色のまだら模様が特徴の花豆ですが、これはポリフェノールの一種であるアントシアニンで抗酸化作用があります。これにより肌の老化予防が期待できます。

貧血に効果的な鉄分は、ほうれん草の3倍含まれます。食物繊維も豊富なので便秘改善効果も期待できます。

このように女性にうれしい成分が多く含まれ、女性にオススメの食べ物です。

肥満予防があるので体重が増えてしまう年末年始にピッタリの食材です。

今回、長野県佐久地方の花豆農家さんの血管年齢・肌年齢を調べたところ、どちらも実年齢より若いという結果がでました。花豆の効果が出ているようです

花豆の食べ方は?

花豆は、甘煮、甘露煮、おこわ、甘納豆、塩茹でなどにして食べます。

花豆の甘煮

※注意点
花豆はインゲン類です。インゲンには生の場合、毒性の成分が含まれますので、調理の際は十分火を通すことが大切です。火が十分通っていないと食中毒に起こすこともあります。

地元の和菓子屋の和泉屋では、花豆を使った饅頭、羊羹、どら焼きがあります。

花豆を使った食べ物としては、花豆パン、花豆ソフトクリーム、花豆モンブランなどもあるようです。

■花豆の甘納豆の作る風景

花豆の口コミ・評判は悪い?良い?

花豆の口コミ・評判は、実際のところ、悪い?良い?どうなんでしょうか?

ということで、花豆を購入した方の口コミをいくつか紹介したいと思います。

■Nさん
おおきな豆で食べ応えがあります。

■Mさん
おいしい煮豆ができました。

■購入者さん
ふっくらと煮込み、和風デザートとして堪能しています。

口コミでは、美味しいと評判ですね♪

花豆の通販・お取り寄せは?

花豆は、大手通販サイトのAmazon、楽天市場などから購入できます。

■花豆

まとめ

花豆について紹介しました。

花豆は、大きな豆で、栄養も豊富で、様々な健康効果が期待できます。

美味しくて、健康にも良い豆なんですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ダイエット, 健康トピック
-,

© 2022 健康長寿の道