ダイエット

8時間ダイエットとは?やり方と効果は? ゲンキの時間

更新日:

スポンサーリンク

TBSテレビ「ゲンキの時間」1月10日で、8時間ダイエットについて取り上げられましたので紹介したいと思います。

教えてくれるのは、肥満外来専門医のよみせ通り診療所 所長 佐藤桂子先生です。

8時間ダイエットとは?

8時間ダイエットは、8時間以内なら何を食べでもOKという食事制限なし、運動なしのダイエット方法です。

ダイエット方法としてはとてもうれしい方法でアメリカでブームとなったものです。

日本でもテレビで取り上げられるようになり、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

今回、正月太りにもオススメだということでゲンキの時間で紹介されましたのでまとめてみました。

スポンサーリンク

8時間ダイエットのやり方は?

8時間ダイエットのやり方はとてもシンプルです。

(1) 食べる時間帯を8時間以内にする
例えば、最初の食事が朝7時なら午後3時まで、昼12時なら午後8時まで食事を済ませるというもの。8時間以内なら何回食事をしてもOK。

(2) 水分は1日2リットル摂る
特に食べない16時間はカロリー糖分のない水やお茶をこまめに摂ること。水を飲むことで脂肪を分解するホルモンが分泌される。

ただし、ドカ食い、早食いはNG。食物繊維が多い、野菜、キノコ、海藻から食べるのがオススメ。

8時間ダイエットは、なぜ痩せることができるのか?

体内ではたんぱく質から、消化酵素と代謝酵素が作られています。しかし、どちらか一方に偏る傾向にあります。

食べ物が胃腸にあるとたんぱく質は消化酵素が優先して作られます。食べ物が胃腸にないとたんぱく質は代謝酵素が優先して作られ脂肪が燃焼されます。

つまり、8時間ダイエットは胃腸に食べ物がない時間が多いので代謝酵素が優先的に作られる時間が長いので脂肪が燃焼されやすくなるということです。

8時間ダイエットは、健康効果も期待?

8時間ダイエットは、痩せることで心臓への負担が減り、8時間という時間の制限で飲酒量が減り、また肝臓を休める時間もできるため、血圧や肝機能が改善される効果が期待できます。

8時間ダイエットは、痩せることに加え、健康効果も期待できる、とってもうれしいダイエット方法なんですね♪

8時間ダイエットの効果アップ方法とは?

8時間ダイエットで、さらにダイエット効果を上げたい場合は以下の2つを行うのがオススメです。

(1) 睡眠時間を7時間とること

しっかり7時間睡眠をとることで、食欲を抑制するホルモン、レプチンが多く分泌される。さらに、脂肪を分解する成長ホルモンが分泌が促進される。

(2) 咀嚼(1口につき30回噛む)

しっかり咀嚼をすることで満腹中枢が刺激され、食事量が減り、さらに食後のエネルギー消費量が増加する。

8時間ダイエットは、続けることでその人のベストな状態に行きつき、ベストな状態を維持することができるといいます。

1カ月に1週間行うだけでも良いそうです。

8時間ダイエットの検証結果は?

今回、8時間ダイエットにお笑い芸人の我が家・杉山さんと一般女性2人の方が1週間挑戦しました。
■我が家 杉山(38歳)

<開始前> <1週間後>
体重 82.5kg 80.7kg (-1.8kg)
腹囲 103cm 98cm (-5cm)
内臓脂肪 181.0cm² 158.6cm²(約18%減)
血圧 上 153 136(基準値129以下)
血圧 下 101 97(基準値 84以下)
肝機能 GOT 88 51(基準値 0~30)
肝機能 GPT 86 65(基準値 0~30)
肝機能  γ-GTP 295 203(基準値 0~50)

■一般女性(39歳)

<開始前> <1週間後>
体重 60.0kg 58.7kg (-1.3kg)
腹囲 77cm 72cm (-5cm)
皮下脂肪 136.7cm² 72cm (-5cm)

■一般女性(63歳)

<開始前> <1週間後>
体重 59.5kg 57.6kg (-1.9kg)
腹囲 98cm 96cm (-2cm)
内臓脂肪 102.6cm² 81.9cm²(約20%減)

みなさん、体重は、1kg以上のダイエットに成功しました。

さらに、内臓脂肪、皮下脂肪は、約20%減少し、腹囲も減る結果になりました。

我が家杉山さんの高かった血圧、肝機能も、基準値に近づく結果になりました。

8時間ダイエットは、痩せることに加え、健康効果もあるという結果になりました。

まとめ

8時間ダイエットのやり方や効果について紹介しました。

8時間ダイエットのやり方は、8時間以内なら何を食べでもOKというとてもシンプルなものです。

それなのに、ダイエット効果に加え、健康効果も期待できるというものです。

太り気味の方で健康診断で健康状態が良くない方などは、試してみる価値のあるダイエット方法ではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ダイエット
-, , ,

© 2022 健康長寿の道