体操・エクササイズ

大蠕動(だいぜんどう)で便秘解消 うつ伏せ寝ポーズのやり方 NHKガッテン

更新日:

スポンサーリンク

NHKテレビ「ガッテン」9月14日で究極の劇的な便秘解消法が放送されましたので紹介したい思います。

大蠕動(だいぜんどう)で便秘解消

便秘は、女性に多いといいますが、便秘に悩む人はとにかくたくさんいます。

そのため便秘解消法といえば、食事や運動、もちろん便秘薬などこれまでにも様々なものが出てきています。

そんな中、ガッテンが、究極の便秘解消法を見つけてくれました。

この方法は、今まで便秘で悩んできた人の約8割の人に効果があるそうです。

カギをにぎるのが大腸の「大蠕動(だいぜんどう)」です。

腸の蠕動運動は、良く聞きますが、大蠕動は聞いたことがありません。

一体、大蠕動とはどんなものなのでしょうか。

Q.大腸の大蠕動とは?
大蠕動は、人が寝ている間に、ほんの短い時間行うものです。大腸の後半の半分くらいから肛門へものすごくダイナミックに収縮する運動です。蠕動運動の約200倍の動きです。これはまるで歯磨きのチューブをしぼるような動きで、これにより一気に便が、肛門近くの直腸に集められます。つまり大蠕動は、食べ物を直腸まで運ぶために特化した動きなんです。

この大蠕動により直腸に便が集まるので、翌朝に便意をもよおします。

ただ、大蠕動が起きないことがあります。

それは、大腸はデリケートなので次のような原因で起きなくなります。

(1) 寝る直前に食事をする。

(2) 熟睡できていない。

つまり、便秘の大きな原因は、大蠕動が起きていないからです。

これは、はじめて聞いた現象です。便秘にならないためにも2つの原因には気をつけたいものです。

さらにもう一つ、大蠕動が起きなくなる原因がありました。

それは意外なもので、「大腸のガス」です。

大腸のガスでも腸内細菌が出す水素やメタンのガスは大腸の動きを遅くさせる作用があるといいます。

便秘によって便が大腸にとどまるとさらに腸内細菌によってガスが発生するので大蠕動が起きません。

つまり、便秘がさらに便秘を呼ぶという負のスパイラルに陥るということです。

gas_1609142001_000

写真のように便秘の人は、ガスが溜まっています。

このことから便秘は、ガスを抜くことで改善できるということです。

スポンサーリンク

うつ伏せ寝ポーズのやり方

ガスを抜くオススメの方法が「うつ伏せ寝ポーズ」です。

この方法を行うことで約8割の人に便秘改善効果があることが分かりました。

やり方

(1) 夜寝る前にうつぶせ寝で10分間動かずにじっとします。

(2) この時おへその辺りに枕やクッションなどを敷くとより効果が高いです。

utsubuse_1609142002_002

(3) 10分経ったら、体を左右に転がすように傾ける動きを5往復行います。
※食後2~3時間は避けた方が良い

便秘に食物繊維が良い?
よく便秘には食物繊維が良いと言われますが、食物繊維がお腹にたまるとガスが発生しやすくなります。食物繊維は便秘予防には、良いですが、便秘の時は、かえって悪化する場合があるそうです。便秘の時は、食物繊維より、うどんやお粥など消化吸収のよい炭水化物がオススメで、食物繊維は便秘が改善されたら摂るのが良いそうです。

まとめ

NHKガッテンの究極の便秘解消法について紹介しました。

お腹のガスを抜くのは、便秘に良いんですね。

おならは我慢しないほうが良いようです。便秘の約8割の人に効果があったようなので多くの人に効果が期待できそうです。

これからはガス抜きが便秘解消のポイントかもしれませんね。

終わりに、お通じを改善する人気のフジッコの「善玉菌のチカラ」を紹介します。「善玉菌のチカラ」はお通じを改善する科学的根拠のある機能性表示食品です。善玉菌であるフジッコ独自のカスピ海ヨーグルトの乳酸菌が、生きて大腸まで届きます。善玉菌が増えて、お通じが改善されることが学会でも発表されました。定期コースなら初回39%OFFの1550円+特典付きでお得です。回数縛りはなくいつでも解約OKです。詳しくは公式サイトをご覧下さい。
フジッコの善玉菌のチカラ[公式]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-体操・エクササイズ,
-, ,

Copyright© 健康長寿の道 , 2019 All Rights Reserved.