健康長寿の道

テレビやネットから、気になる健康情報を取り上げています。

口内フローラを整えるには唾液とココア 白米に注意 花田信弘先生 モーニングショー

      2017/01/27

336×280

スポンサードリンク

テレビ朝日「モーニングショー」3月16日で、口内フローラについて取り上げられましたので紹介したいと思います。
解説してくれる先生は、口内細菌を30年以上研究している鶴見大学歯学部 教授 花田信弘先生です。

口内フローラとは

腸の中の腸内細菌のバランスが人の健康にとても影響することが分かってきたということで、最近では、腸内細菌の集まりのことを指す「腸内フローラ」という言葉をよく耳にするようになりました。
この細菌のバランスは腸だけでなく、口の中も重要であることが分かってきました。
この口の中のお花畑、口内細菌の集まりのことを「口内フローラ」と呼びます。
口の中の細菌は、700菌種以上1000億個以上だと言われています。
目に見えないだけで口の中にも細菌はたくさんいるんですね。
腸内細菌と同様に、口内細菌にも善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌がいます。
日和見菌は、その状況に応じて、善玉菌にも、悪玉菌にもなるという菌です。
この3つの口内細菌のバランスが重要だといいます。

では理想的な口内フローラのバランスとはどんな状態なのか?
理想的な口内フローラは、善玉菌ばかりで悪玉菌がゼロの状態です。
これは、赤ちゃんの口内フローラなんだそうです。母乳の時は、善玉菌だけが口の中に入ってくるためで、歯が生えてくると口内フローラは変わってくるそうです。
腸の場合は、悪玉菌もある程度いたほうが良かったのですが、口内フローラについてはいないのが良いようです。

口内フローラが乱れるとどうなるか?
虫歯や歯周病になりやすくなります。普段、口の中は上皮バリアーで守られていますが、乱れることでこのバリアーが虫歯菌や歯周病菌によって破られ、虫歯や歯周病になります。ひどくなると最悪のケースは死に至る病になることもあるといいます。

では、死に至る病になるメカニズムとは?
虫歯や歯周病になり悪化すると、虫歯菌や歯周病菌などの悪玉菌が血管内に入ってきます。悪玉菌が血管内に入ることで炎症が起きます。この炎症を悪玉コレステロールが修復するしようとします。これが繰り返されるとかさぶたのように盛り上がり、固まってしまい、血管が細く硬くなり動脈硬化を起こします。動脈硬化が進むと死に直結する病である脳卒中や心筋梗塞を引き起こします。これが死に至るメカニズムです。

悪玉菌が血管内に入ると、90秒で全身に回るといいます。あっという間に悪玉菌が体全体に広がるそうです。そうなると脳卒中や心筋梗塞以外にも、慢性炎症が起きることで、認知症や関節リュウマチ、がん、糖尿病のリスクも高くなると言われています。
akudama-26541虫歯や歯周病は、口の中の病気だけでは済まされない病気だということです。

口内フローラを乱す食べ物は?
ご飯(白米)が良くないといいます。
ご飯は血糖値が上がりやすい食べ物なので血液中にブドウ糖が多く出てきます。歯と歯茎の間は血液成分なので、ここに栄養が行くことになるので歯周病菌が増える原因になります。
またご飯のデンプンは、唾液のアミラーゼによって分解されて麦芽糖になります。これは虫歯菌のエサにもなります。
つまり、ご飯は悪玉菌である歯周病菌と虫歯菌の両方を増やす原因になるということです。
最近、白米は、なかなかいい食べ物としては出てきませんね。

ではどうしたらいいのかというと白米に玄米や雑穀米を加えるのがオススメです。これにより血糖値の上昇を抑えることができるからです。
またおにぎりなどの冷や飯を食べるものもオススメです。冷えることでαデンプンがβデンプン化することでアミラーゼによって分解されにくくなるため、虫歯菌のエサになる麦芽糖ができにくくなるからです。
でもどうしても温かい白米を食べたい人は、食後は歯をしっかり磨いて下さいということでした。

口内フローラを整えるにはどうしらいいのか?
一つ目は、唾液を多く出すことです。
唾液には抗菌作用があることと唾液には歯の成分のエナメル質が入っているからです。

~ 唾液を出す2つの方法 ~
■唾液を出す方法その1:口すぼめ
<やり方>
kuchi1684-1(1) 唇を閉じ上の前歯の歯茎に舌先を当てる。
(2) 口を閉じたまま舌先で上下の歯茎をなぞって一周する。

■唾液を出す方法その2:ツボマッサージ
<やり方>
gakka65654-1(1) 指であごとえらの中間部分を内側に押し込む。
  顎下腺が刺激される。

2つ目は、飲み物であるココアがオススメです。
ココアは、悪玉菌を減らす作用があるためです。口臭予防にもなります。
ただし、砂糖は、虫歯菌のエサになるので砂糖は入れないことです。

▼バンホーテン ピュアココア
amazonで売れているココアです。

バンホーテン ピュアココア 200g


他にも、お茶を飲んだり、舌を磨くのもオススメです。
お茶には、フッ素が入っており、舌を磨くことで舌苔に多くいる悪玉菌を減らし、口臭予防にもなります。

口内フローラのケア

NHKあさイチ5月9日でも、口内フローラが取り上げれましたので、新たな情報を紹介したいと思います。解説してくれる先生は、今回も鶴見大学歯学部 教授 花田信弘先生です。

虫歯で脳出血のリスクが高くなる?
通常、血管から出血するとコラーゲンと血小板が結合して血が止まります。しかし、虫歯菌の一つ、cnm遺伝子を持つミュータンス菌が血管内に侵入すると、この菌がコラーゲンと結合して血小板の働きを邪魔します。その結果、血が止まらなくなります。この虫歯菌は、虫歯菌全体の1割程度ですが、持っていると、脳で微小出血を起こすリスクが5~6倍高くなることが分かってきました。
このことから、口内ケアは、脳出血の予防にもつながる可能性がでてきました。

自分の口内フローラを調べるには?
メタゲノム解析を行えば自分の口内フローラが分かります。
検査は、唾液と歯周ポケットの細菌を取り、分析にかけるというものです。
細菌のDNAから遺伝子情報を読み取り、どんな細菌がどれだけいるかが分かります。
費用は約2万円(保険適用外)

■検査結果例 歯周ポケットと唾液の菌の割合を表した円グラフ
kin_27__1605090842今回メタゲノム解析を行った歯科は、谷口歯科医院です。
メタゲノム解析の詳しい内容は、ホームページをご覧下さい。
tani8020.jp/

歯磨きを怠ると口内フローラが乱れる?
通常、唾液に含まれる抗菌作用を持つ物質、ラクトフェリン、リゾチームなどによって歯周病菌、虫歯菌の増殖が抑えられて、口内フローラのバランスが保たれています。
しかし、歯磨きを怠ると細菌が集まりバイオフィルムが形成されます。こうなると唾液がバイオフィルムのバリアーで、届かなくなり、細菌が繁殖し口内フローラが乱れます。
歯を磨かないと、早ければ1週間で歯に細菌がこびりつくといいます。そして3週間後には、血液中に侵入するというデータもあります。
口内フローラのバランスを保つには、歯磨きは、とても重要だということです。

口内フローラを良くするポイントとは?
口内フローラをよくする6つのポイントです。

1.寝る前の歯磨きは念入りに磨く
2.歯周ポケットを磨く
3.過度な睡眠不足は禁物
4.口呼吸はNG
5.ビタミンDとビタミンAをとる
6.食事はよくかむ

1は、寝ている間は唾液の分泌が減り細菌が1000倍に増殖するためです。
2は、歯周病菌が特に多くいる場所だからです。
3は、自律神経が乱れて唾液の分泌が悪くなるからです。
4は、口が渇き、細菌が繁殖しやすくなるからです。
5は、この2つが不足すると唾液腺が萎縮するからです。
6は、唾液の分泌が促進します。

虫歯菌や歯周病菌を取り除く治療法とは?
虫歯菌や歯周病菌を取り除く治療法として3DS除菌があります。
患者に合ったマウスピースを作り、そこにその人に合った薬剤を入れて装着します。
mausu_16050909101日2回、1回につき5分装着します。
歯と歯の周りの悪玉菌を除菌し、善玉菌は残します。
全国の200箇所程の施設で受けられます。
費用は、約10万円(保険適用外)施設によって異なります。
今回、番組で紹介したのが、鶴見大学歯学部附属病院です。

3DS除菌実施の歯科医院の一覧です。
tansaku.tsurumi-u.ac.jp/3ds_contact

▼ライオン(LION) システマ オーラルヘルスタブレット
乳酸菌TI2711が口内の善玉菌を増やし口内フローラのバランスを整えます。

ライオン Systema オーラルヘルスタブレット 90粒 1箱


▼マウスウォッシュ クチュッペL-8020
乳酸菌L-8020が口の中の悪玉菌である虫歯菌と歯周病菌を減らしてくれます。

紀陽除虫菊 クチュッペL-8020 爽快ミント 500ml


▼花田信弘先生の口内細菌に関する本

白米が健康寿命を縮める 最新の医学研究でわかった口内細菌の恐怖 (光文社新書)


●虫歯予防「BLIS M18」と口臭予防「BLIS K12」の乳酸菌配合の歯磨き粉
善玉菌の乳酸菌で口内フローラを改善する今話題の歯磨き粉です。
大人用はこちら → 大人用歯磨き粉【ブリアン】子供用はこちら → 子供用歯磨き粉【ブリアン】

■歯磨き粉ブリアンに関する記事
虫歯口臭予防成分「BLIS M18」「BLIS K12」配合歯磨き粉大人用ブリアン発売
www.sankei.com/economy/news/160930/prl1609300312-n1.html
ママの時短ケア 口に含むだけでもOK!虫歯菌を除去する“乳酸菌入り”の
news.livedoor.com/article/detail/12289207/
予防歯科の新常識「ブリアン」で良い歯宣言
news.livedoor.com/article/detail/12259974/

 - 健康トピック

336×280

スポンサードリンク

336×280

スポンサードリンク

  関連記事

筋肉から血糖値を下げる物質AMPキナーゼの発見・活性化法 藤井宣晴先生 TBS夢の扉+

TBSテレビ「夢の扉+」5月17日で筋肉研究のスペシャリス 首都大学東京 藤井宣 …

卵
卵は1日何個まで大丈夫?コレステロールは大丈夫?卵かけご飯の美味しい食べ方 ゲンキの時間

卵は1日何個まで大丈夫?TBSテレビ「ゲンキの時間」9月24日で卵について取り上 …

カルシウムは骨のゴールデンタイムを利用 骨粗しょう症改善 時間栄養学 香川靖雄先生 たけしのみんなの家庭の医学

テレビ朝日「たけしのみんなの家庭の医学」5大栄養素SP(3月24日)で、骨を若返 …

ツボ 下痢に章門・頭痛に風池 太陽・鼻水に上迎香・冷え性に築賓・冷えのぼせに臀中 駆け込みドクター

TBSテレビ「駆け込みドクター」6月21日で話題の東洋医学 漢方が放送されました …

オリバナナの作り方レシピ・オリーブオイルの体温を上げる保温効果 松生恒夫先生 サタデープラス

TBSテレビ系「サタデープラス」3月5日のドクタープラスで、体温を簡単に上げるス …

トマト寒天の作り方レシピ・健康効果 鎌田實先生 サタデープラス

TBSテレビ系「サタデープラス」2月27日で、健康効果抜群の食べ物、トマト寒天が …

冷え性改善には交感神経を緩めること 太ももに手を当てるリラックス法 NHKためしてガッテン

NHKテレビ「ためしてガッテン」12月23日で冷え性改善法が紹介されました。 朝 …

耳鳴りの原因 キーンは脳で起こる 治療法TRT療法と呼吸法 耳鼻咽喉科 石井正則先生

BSフジ「華大の知りたい!サタデー」11月28日で耳鳴りについて紹介されました。 …

ウォーキング 1日の歩数の目安は8000歩・早歩き20分が健康に効果的 青柳幸利氏

テレビ朝日「モーニングショー」2月24日で、ウォーキングについて取り上げられまし …

リグロス 歯周病治療薬として話題!治療費は保険適用

歯周病治療の新薬「リグロス」が注目されています。テレビ朝日「グッドモーニング」2 …