健康長寿の道

テレビやネットから、気になる健康情報を取り上げています。

氷酢たまねぎの作り方・使い方レシピ 血管年齢若返り効果 周東寛先生 早見優さん・TKO木下さんが挑戦 サタデープラス

      2017/10/19

336×280

スポンサードリンク

TBSテレビ系「サタデープラス」4月30日で、血管が超若返るという氷酢たまねぎが紹介されました。タマネギ研究のスペシャリストで多数の著書も出版の南越谷健身会クリニック院長 周東寛先生が教えてくれましたのでまとめてみました。

氷酢たまねぎの効果

サタデープラスでは、以前、スーパー調味料 酢しょうが紹介され、その驚く程の血管若返り効果で大反響を呼びましたが、今回の氷酢たまねぎも酢しょうがをしのぐほどの血管若返り効果がありました。

酢たまねぎの発案者である周東先生によると氷酢たまねぎは、酢たまねぎの進化版であり最終形だといいます。
酢たまねぎは、スライスしたたまねぎを酢に漬けたものです。ただし5日間漬け込む必要があります。これに比べ、氷酢たまねぎは一晩で作ることができ、使い勝手、保存期間、すりおろしたたまねぎの消化吸収率のアップなどを考えると氷酢たまねぎのほうが勝っており進化版だということです。

氷酢たまねぎと酢しょうがの違いは?
酢しょうがは、しょうがの体を温める効果が高く、寒い冬に血管を広げてくれる効果に優れています。一方、氷酢たまねぎのたまねぎには血液をサラサラにする成分が豊富に含まれています。なので寒い冬は酢しょうががオススメで、これから暖かくなる春からは氷酢たまねぎがオススメだそうです。

氷酢たまねぎの効果とは?
酢には、中性脂肪を減らし、血流を促進させ、代謝をアップさせる働きがあります。疲労回復効果や食後血糖値の上昇を緩やかしてくれる効果もあります。
たまねぎには、血液をサラサラにする効果があることが良く知られています。
この2つが合わさった氷酢たまねぎは、血圧、血糖値、中性脂肪を下げてくれ、血管を若返らせてくれます。さらに腸内環境も改善してくれるので免疫力アップやダイエット効果もあります。
酢とたまねぎの相乗効果が期待でき、生活習慣病である糖尿病の改善も期待できます。

どんな酢を使えばいいの?
酢は、酢しょうがの時と同様に最もオススメが黒酢です。アミノ酸をはじめビタミン、ミネラルが豊富で、代謝を上げる効果があります。また味をマイルドにします。

新たまねぎと普通のたまねぎ、どっちを使えばいいの?
新たまねぎがオススメです。新たまねぎは水分量が多く、ミネラルも豊富です。
甘味が強いので味わい深くなります。

氷酢たまねぎの作り方レシピ

氷酢たまねぎの作り方は、とても簡単です。材料は、たったの3つです。
<材料>
su1604300848_000たまねぎ … 2個(大きめのもの)
酢 … 150ml
はちみつ … 100ml
<作り方>
(1) たまねぎの皮をむき、4等分に切る。
su1604300849_001(2) たまねぎ、酢、はちみつをミキサーに入れて、ピューレ状になるまで混ぜる。
suta1604300849_003(3) 製氷皿に入れ、冷凍庫で一晩凍らせたら完成。
su1604300849_012
<1日に食べる目安>
koo_1604300850_0051日3ブロック(75g)。料理に混ぜて食べます。

氷酢たまねぎは、どれだけ保存可能なの?
2ヶ月間保存可能です。
ちなみに冷蔵庫に入れて凍らせない状態なら1週間保存可能です。

氷酢たまねぎの使い方

氷酢たまねぎは、和洋中、何にでも相性は抜群だといいます。

例えば、次のように様々なものに入れて手軽に使えます。
・氷酢たまねぎ+味噌汁
・氷酢たまねぎ+カレーライス
・氷酢たまねぎを生姜焼きの漬けだれに
・氷酢たまねぎ+カップ麺
・氷酢たまねぎ+冷奴(しょう油+刻みネギ)
・氷酢たまねぎ+アクアパッツァ
・氷酢たまねぎ+炊き込みご飯
・氷酢たまねぎ+野菜ジュース
・氷酢たまねぎ+フルーツ → ミキサーでスムージーに
・氷酢たまねぎ+筑前煮

他にも、氷酢たまねぎをポン酢やしょう油、マヨネーズに混ぜることでタレやドレッシングとして活用できます。

玉ねぎのみじん切りの代わりとしてもオススメです。
例えば、ハンバーク、パスタソースなど

健康効果を最大限に得るには、加熱せずに生に近い冷たい状態で食べるのがオススメです。

早見優さんとTKO木下さんが10日間挑戦

今回、氷酢たまねぎ生活を二人の芸能人に行ってもらいました
行ってくれた芸能人は早見優さんとTKO木下さんです。
期間は10日間です。1日3個の氷酢たまねぎを摂ります。
今回の結果も短期間で、驚く程の健康効果がでました。

■早見優さん(49歳)
        <開始前>      <10日間後>
血管年齢     42歳    →  39歳(-3歳 実年齢-10歳)
血糖値       82    →  83(基準値70~109)
中性脂肪     101    →  82(基準値50~149)
疲労度     158万    →  112万(通常 ~10万)

早見さんの問題は疲労度でしたが、10日間で約40万減らすことができました。
元から基準値内にあった血液の値は、中性脂肪がさらに低くなり、血管年齢もさらに3歳若返り実年齢より-10歳になることができました。
早見さん、体の変化としては肩こりが良くなったのが実感できたそうです。
酢のクエン酸には、疲労回復、肩こりや筋肉痛の改善効果があるので酢によるものかもしれません。

■TKO木下さん(44歳)
        <開始前>      <10日間後>
血管年齢     59歳    →  42歳(-17歳)
血糖値      111    →  87(基準値70~109)
中性脂肪     553    →  407(基準値50~149)
腹囲     118.7cm   →  116.5cm(-2.2cm)
体脂肪率    32.1%   →  30.6%(-1.5%)

木下さん、開始前の数値は、動脈硬化をすすめる危険な数値でしたが、
10日後は、なんと血管年齢は、-17歳で実年年齢よりも-2歳若くなりました。
血糖値は基準値内になり、中性脂肪もまだ高いですが下がってきてます。
確実に健康体に向かっている感じです。
木下さん、体の変化としてはお通じが良くなったそうです。
氷酢たまねぎの腸内環境改善効果によるものかもしれません。

一般の3名の方の結果

今回、一般の方3名の方にも10日間チャレンジしてもらいました。
■30代女性
        <開始前>      <10日間後>
血管年齢     53歳    →  32歳(-21歳)
血圧     117/68   →  116/59
血糖値      86     →  79

■40代女性
           <開始前>    <10日間後>
血管年齢     58歳    →  45歳(-13歳)
血圧      96/57   →  93/57
血糖値       84    →  85

■50代女性
           <開始前>    <10日間後>
血管年齢     75歳    →  51歳(-24歳)
血圧     131/64   →  116/59
血糖値      84     →  84

なんと血管年齢は、平均-19.3歳で劇的に若返りました。
またウエスト周りも平均約2センチダウンしました。
氷酢たまねぎも短期間で健康効果が出るスーパー調味料のようです。
暖かくなってくるこの時期から氷酢たまねぎは合いそうです。

▼周東寛先生の酢タマネギの本

酢タマネギ食養生強化大全―本当に効く!やせる!若返る! (わかさ夢MOOK 14)

▼内堀醸造 臨醐山黒酢 900ml
まろやかで飲みやすいとAmazonで人気の黒酢です。

内堀醸造 臨醐山黒酢 900ml

酢たまねぎ氷の作り方レシピ

人気の氷酢たまねぎですが、TBSテレビあさちゃん5月18日でも酢たまねぎ氷が取り上げられましたので紹介します。こちらは、氷酢たまねぎではなく、酢たまねぎ氷です。作り方も若干違いがありました。教えてくれた方は、料理研究家の村上祥子さんです。
<材料>
たまねぎ … 2~3個(500g)
米酢 … 150ml
はちみつ … 100ml(1/2カップ)
塩 … 1/2
<作り方>
(1) たまねぎの皮をむき、4等分に切る。
(2) たまねぎを耐熱ボウルに入れて、電子レンジ(600W)で10分加熱する。
(3) 粗熱がとれたら、ミキサーにたまねぎと加熱で出てきた水分も丸ごと入れる。
(4) さらに酢、はちみつ、塩をミキサーに入れて、ピューレ状になるまで混ぜる。
(3) 製氷皿に入れ、冷凍庫で一晩凍らせたら完成。
<1日に食べる目安>
村上さんの場合は、1日2個を目安に摂っているといいます。

前回の氷酢たまねぎとの違いは、たまねぎをレンジで加熱する点と塩を加えるところです。
たまねぎは加熱することで成分が変わるものがあるので効果も変わってくると思われます。例えば、辛味成分である硫化プロピルはトリスルフィドという物質に変わります。硫化プロピルは、糖の代謝を促進し、血糖値を下げる働きがあります。一方、トリスルフィドは、コレステロールや中性脂肪を下げたり、血栓をできにくくする働きがあります。また、加熱で甘味・旨味が増すので味のほうはおいしくなるかもしれません。

あさりの酢たまねぎ氷蒸し

相性がいいという電子レンジを使った酢たまねぎ氷のレシピです。
<材料>
あさり … 300g
酢たまねぎ氷 … 2個
ごま油 … 小さじ2
万能ねぎ … 4本
<作り方>
(1) 耐熱ボウルにあさり、酢たまねぎ氷を入れる。
(2) 電子レンジ(600W)で約7分あさりの口が開くまで加熱する。
(3) お皿に盛り、ごま油、小口切りにした万能ねぎをかけたら出来上がり。

暑い季節にピッタリのオススメレシピ2つです。

酢たまねぎ氷タレの冷やし中華

酢たまねぎ氷を冷やし中華のタレに使ったものです。
<材料>
中華麺
具材(野菜、卵、ハムなど)
酢たまねぎ氷 … 1個
しょう油 … 大さじ1
ごま油 … 小1/2
<作り方>
(1) 酢たまねぎ氷、しょう油、ごま油を混ぜたらタレの完成。
(2) 冷やし中華にタレかけたら出来上がり。
酢たまねぎ氷がシャーベット状になっているので、麺にもよく絡み、ひんやりおいしくいただけるそうです。

酢たまねぎ氷アイス

<材料>
酢たまねぎ氷 … 1個
バニラアイス
<作り方>
(1) バニラアイスに酢たまねぎ氷をのせれば出来上がり。
この組み合わせ意外に合うそうで、病みつきになるそうです。
フローズンヨーグルトのようになるみたいです。

▼村上祥子さんのたまねぎ氷の本

病気にならない! たまねぎ氷健康法

●ハウスが長年研究したきたタマネギのサラサラ成分をギュッと凝縮したサプリ
ハウス『天然効果(R)タマネギの力』

 - 血管

336×280

スポンサードリンク

336×280

スポンサードリンク

  関連記事

血圧計
血圧サージとは 原因と予防対策 コーヒーも注意 NHKガッテン

NHKテレビ「ガッテン」10月4日で、今注目されている血圧の急上昇「血圧サージ」 …

血管
青魚EPAの善玉コレステロールパワーアップ効果 たけしのみんなの家庭の医学

テレビ朝日「たけしのみんなの家庭の医学」10月24日で、青魚のEPAに新たに分か …

ハーバード式野菜スープの作り方レシピ ファイトケミカルでダイエット&血管若返り 高橋弘先生 サタデープラス

TBSテレビ系「サタデープラス」9月10日で、名医の健康法として麻布医院 高橋弘 …

山うにとうふ・樫の木豆腐の血管若返り効果 グリシニンが3倍 サタデープラス

TBSテレビ系「サタデープラス」5月21日で、血管若返り食材として樫の木豆腐と山 …

こめ油(米油)の動脈硬化予防改善効果 ガンマオリザノールが悪玉コレステロール値を下げる たけしのみんなの家庭の医学

テレビ朝日「たけしのみんなの家庭の医学」10月20日で、動脈硬化の予防・改善に効 …

血流改善法 足指ダッシュ体操・食べ物(みかんのヘスペリジン)・肩まで10分風呂 サタデープラス

TBSテレビ系「サタデープラス」2月11日で、血流改善の3つの健康法が取り上げら …

奥薗壽子流 心臓若返り鉄分アップ常備菜 作り方レシピ たけしのみんなの家庭の医学

テレビ朝日「たけしのみんなの家庭の医学」1月12日で、心臓を若返りのカギを握る栄 …

煎茶
エピガロカテキンガレートが多いお茶・粉末煎茶(緑茶)は動脈硬化予防に効果的 たけしの家庭の医学

テレビ朝日「たけしの家庭の医学」7月11日で、動脈硬化予防に効果的な栄養素「エピ …

血管若返りの食べ物 玉ねぎ・コーヒー・ダークチョコレート・黒酢・ブルーチーズ 1日5分血管若返り体操 高沢謙二先生 バイキング

フジテレビ「バイキング」3月7日で、血管若返りの食べ物と体操について取り上げられ …

がごめ昆布のフコイダン・アルギン酸に血管若返り効果 食べ方はおぼろ昆布がオススメ サタデープラス

TBSテレビ系「サタデープラス」5月21日で、血管若返り食材としてがごめ昆布が取 …