健康長寿の道

テレビやネットから、気になる健康情報を取り上げています。

下半身型冷え性の改善法 ツボと作り置き薬膳 たけしの家庭の医学

      2017/08/10

下半身型冷え性

336×280

スポンサードリンク

テレビ朝日「たけしの家庭の医学」7月25日で、夏バテを起こしやすい下半身型冷え性の改善法について放送されましたので紹介したいと思います。
解説してくれた先生は、漢方の名医 千葉大学 和漢診療科 並木隆雄先生です。

下半身型冷え性は夏バテを起こしやすい

冷え性といってもいくつかのタイプがあります。
全身型冷え性、四肢末端型冷え症、下半身型冷え性などです。
この中でも下半身型冷え性のタイプの人は、夏バテを起こしやすい人だといいます。
実際、夏バテを起こした患者さんを診ると下半身型冷え性の方が相当数いたそうです。
下半身型冷え性どうして下半身型冷え性が夏バテを起こしやすいのか?
下半身型冷え性の人は、理由ははっきりと分かっていないそうですが、エアコンなどの冷気に対して敏感な体質になっています。
そのため、エアコンが効いた部屋では、下半身の自律神経が過剰に反応し、血管を収縮させて下半身は冷えて、下半身に行くはずの熱が上半身に溜まり上半身の体温は上がります。
足は冷えるけど顔はほてるという、いわゆる冷えのぼせという状態になります。
一度冷えのぼせが起きると自律神経の過剰反応は止まらなくなるようで、上半身の体温はさらに上昇します。この状態で暑い外に出ると脳の温度も上がり頭がボーッとしたりめまいも起こしやすくなります。発汗も増えて脱水状態になります。筋肉の機能も落ちてきて、身体のだるさがでてきます。夏バテの症状が出るというのです。さらに最悪、熱中症になる危険性もはらんでいるといいます。

メカニズムはちょっと複雑ですが、冷えのぼせの状態は、体にとっては決してよい状態ではないので、これが続くと夏バテに陥りやすくなるといった感じです。

下半身型冷え性は、単なる冷え性だけではなく、放っておくと、夏バテや熱中症の危険もはらんでいます。暑い夏を乗り切るためにも今から改善したほうがいいということです。

下半身型冷え性の改善法 ツボと作り置き薬膳

ではどうすれば下半身型冷え性が改善できるか。
並木先生の病院では、漢方薬などによって治療するそうですが、
今回は、家庭でできる2つの方法で体質改善して改善する方法が紹介されました。
それが「ツボ」と「薬膳」です。

ツボ

教えてくれたのは、千葉大学医学部附属病院 和漢診療科 鍼灸師 森田智先生です。
今回のツボは、自律神経が緊張しやすい下半身型冷え性の体質を改善し全身の血流を良くして熱を溜めないようにする3つのツボです。
気持ちいい、柔らかい所は優しく押して、ちょっと痛い、硬い所は痛気持ちいい位強く押します。1回10秒ほど押す。1日に何度押してもOKです。
体質改善を目指すものなので最低でも1ヶ月は続けます。

血海(けっかい)

脾の機能を高め全身の血流を良くする。
<場所>
血海ひざのお皿から内側の指3本めのところ。

太渓(たいけい)

下半身や腹部の血流を良くする。
腎の機能を高め体質改善を促す。
<場所>
太渓内くるぶしとアキレス腱の間の少しくぼんだところ。

八風(はっぷう)

足先の血流を良くする。
<場所>
八風両足指の間の付け根のところ。

薬膳

薬膳とは中医学理論に基づいた薬になる食事です。即効性はないですが、食べ続けることで体質が徐々に改善されていきます。
教えてくれたのは、薬膳の専門家 中村きよみさんです。
今回は玉ねぎ・セロリ・シナモンの3つの食材を使用しました。
玉ねぎ、セロリは、身体中のエネルギーを巡回させる食材です。
シナモン(肉桂)は、上半身に溜まった熱を下半身に下げる気を下げる食材です。

【作り置き薬膳】セロリと玉ねぎの鶏肉炒め

<材料>3日分
玉ねぎ … 2/3個(1.5cm角切り)
セロリ … 1/2本(1.5cm角切り)
鶏胸挽肉 … 150g
アスパラ(茹で) … 1本(5mm輪切り)
パプリカ … 1/3個(1.5cm角切り)
オリーブ油 … 大1・1/2
松の実 … 大2
オイスターソース … 大1・1/2
ナンプラー … 大2・1/2
レモン汁 … 大1
塩 … 小2/3
コショウ … 少々
シナモン … 小1/2
カイエンペッパー … 小1/2(無い場合はコショウで可)
<作り方>
(1) オリーブ油で鶏胸挽肉をパラパラになるまで強火で炒める。
(2) 玉ねぎ、セロリ、パプリカ、アスパラ、松の実を加えて炒める。
(3) ナンプラー、オイスターソース、塩、コショウ、レモン汁、カイエンペッパーを加えて味を調える。
(4) 仕上げにシナモンを加えれば出来上がり。
作り置き薬膳

セロリと玉ねぎの鶏肉炒めは、ご飯、パスタ、そうめんにかけたり、トルティーヤに巻いて食べたり、オムレツの具材として、様々な料理に使うことができます。

今回、下半身型冷え性の女性(38歳)の方に、ツボと作り置き薬膳の2つの改善法を5日間行ってもらったところ、サーモグラフィーで見ると見事に改善が認められました。

ツボと薬膳という、あまり即効性が期待できないものと思っていましたが、短期間で効果がでるようですね。

■千葉大学病院の薬膳ごはん
並木隆雄先生監修の簡単でおいしい薬膳レシピです。

千葉大学病院の薬膳ごはん


●ほてり・のぼせによる赤ら顔でお悩みの方にオススメのサプリメント♪リピート率95%
赤ら顔(ほてり・のぼせ)専用サプリメント ウルウ

 - 健康トピック

336×280

スポンサードリンク

336×280

スポンサードリンク

  関連記事

髪
細毛の原因と改善 コラーゲンペプチドの髪を太くする効果 NHK美と若さの新常識

NHKBSテレビ「美と若さの新常識~カラダのヒミツ~」8月31日で、髪の細毛の原 …

口臭治療 悪玉菌を減らし善玉菌を増やす オーラルプロバイオティクス 中城歯科医院 中城基雄先生

口臭は多くの人が気にしているものです。日本テレビ「スッキリ」2月15日で取り上げ …

鼻づまり(副鼻腔炎)予防に鼻洗浄が効果的 やり方のポイント NHKあさイチで紹介

NHKテレビ「あさイチ」1月27日で、悩んでいる人が増えてきているという鼻づまり …

花豆は栄養豊富 肥満予防や美肌効果が期待 長野県佐久地方 サタデープラス

TBSテレビ系「サタデープラス」12月17日で、医師がオススメの健康食材として取 …

喘息治療で完治も ミル9がカギ!花粉症やアトピー性皮膚炎にも 千葉大学 中山俊憲教授

喘息の完治も夢ではない研究発表がされました。テレビ朝日「グッドモーニング」9月2 …

足のむくみ・疲れ解消に弾性ストッキング 下肢静脈瘤のレーザー治療 広川雅之先生 NHKためしてガッテン

NHKテレビ「ためしてガッテン」1月27日で足のむくみ・疲れの解消法について放送 …

筋肉から血糖値を下げる物質AMPキナーゼの発見・活性化法 藤井宣晴先生 TBS夢の扉+

TBSテレビ「夢の扉+」5月17日で筋肉研究のスペシャリス 首都大学東京 藤井宣 …

冷え性対策 頭のタッピング・ふくらはぎ温冷シャワー・腸トレーニング 小林暁子先生

冷え性の人にとって寒くなるこの季節は、つらい季節です。そんな冷え性で悩む人のため …

三浦麻由佳先生の肌年齢-13歳美肌法(日焼け止めセルピュアUVX・ソラレンに注意・ほうれい線予防頬筋トレ・ポン酢)サタデープラス

TBS系テレビ「サタデープラス」4月9日のドクタープラスで、美肌女医である東京銀 …

男性の冷え性 即効改善法はソフトボールツボ刺激 伊藤剛先生 渡邉賀子先生 ゲンキの時間

TBSテレビ「ゲンキの時間(元気の時間)」2月14日で男性の冷え性について放送さ …