健康長寿の道

テレビやネットから、気になる健康情報を取り上げています。

肌年齢と血管年齢を下げる食べ物 緑茶1日5杯とわさび5g わさび丼の作り方 サタデープラスで紹介

   

336×280

スポンサードリンク

TBSテレビ系「サタデープラス」10月17日で肌年齢と血管年齢を下げる若返りの食べ物として緑茶とわさびが紹介されました。

肌年齢と血管年齢を下げる食べ物

いつまでも若々しく健康でいたいと誰もが思うところです。そうするには一体何を食べたらいいのか。今回番組ではオススメの2つの若返りの食材が紹介されました。それが緑茶とわさびです。緑茶は分かりますがわさびは意外でした。それぞれの産地の人は、やはり肌年齢と血管年齢ともに若いという結果が出ました。

緑茶

緑茶は健康にいいというのは、よく知られていることです。肌年齢と血管年齢を下げるのに緑茶が良いとオススメするのは、日本栄養・食料学会会長 東洋大学教授 近藤和雄先生です。近藤先生自身も1日10杯近く飲むそうです。緑茶の効果は、健康番組でもよく取り上げられていますが、あらためてその緑茶の健康効果を紹介したいと思います。やはり緑茶のポリフェノールがいいんだそうです。ポリフェノールには、強い抗酸化作用があり、動脈硬化やがんの予防に効果が期待できると言われています。実際、がん死亡率の少ない市区町村のトップ10に緑茶の産地である静岡県掛川市など約半分は静岡の市で占められています。健康寿命が最も長いのも静岡県です。ポリフェノールは、肌の老化を防ぎ、シミも防ぐという効果もあるといいます。
番組で静岡県掛川市の緑茶を毎日5杯以上飲むという人の肌年齢と血管年齢を測定したところ、平均値は肌年齢は実年齢より-10.4歳、血管年齢は-8歳とどちらも約10歳ほど若いという結果がでました。緑茶がいい効果をもたらしているようです。こういうデータを見ると毎日習慣的に飲もうという気になります。では一体どれだけ飲めばいいのか。毎日5杯飲めば十分効果が期待できるそうです。毎日5杯は多く感じますが、カロリーはほとんどないので水のように飲んでもいいそうです。飲み方にもコツがあり近藤先生によるとポリフェノールは飲んで2時間程効果があるので2時間おきに飲むのがいいそうです。また緑茶には、殺菌作用があり地元の小学校ではインフルエンザ予防として積極的に緑茶を取り入れていました。

わさび

刺身の醤油に入れるあの脇役的なわさびですが、実はスゴイ効果があるんです。そのわさびをオススメするのが品川メディカルクリニック理事長板倉弘重先生です。先生自身も刺身で毎日わさびで摂っているそうです。
板倉先生によるとわさびには、血液をサラサラにして血流をアップされる効果があるといいます。これは根茎部分に血の固まりを抑えて血栓を防ぐ効果によるものと考えられています。わさびは野菜の中で最も抗酸化作用が強いんだそうです。1日5gのわさびを毎日3ヶ月間食べる実験では、肌の明るさ、シミ・ソバカス、透明感、潤い、ツヤすべてにおいて改善がみられたといいます。わさびの葉には、ワサビフラボンが含まれ肌のキメ・シワを改善するのアンチエイジング効果があることがわかったそうです。

わさびの産地長野県安曇野市の人の肌と血管年齢を測定したところ、肌年齢も血管年齢もは実年齢より10歳若いという人が続出しました。

ではどれだけわさびを食べればいいかというと1日の目安は5gです。これはお刺身に付いている袋2個分に相当します。
わさびは刺身に使いますが他にどんな料理があるのか。地元の人はわさび丼にして食べていました。わさびは温めることで辛みがなくなるんだそうです。でもわさびの効能は変わらないそうです。わさび丼はシンプルで作り方は簡単です。わさびの葉は、天ぷらやおにぎりに巻いて食べるのがオススメだそうです。わさびの葉はデパートで入手できるそうです。

■わさび丼 作り方
<作り方>
(1) ご飯の上にかつお節とわさびをひとつまみ分乗せる
(2) 醤油をスプーン一杯分かける
(3) アツアツのうちに混ぜ合わせていただく
w1510170902_003
■わさび葉のおにぎり 作り方
<作り方>
(1) わさびの葉を塩と砂糖でまぶして湯通しする
(2) 塩をまぶして半日寝かす
(3) ごはんに巻けば出来上がり
w1510170907

まさにわさびは日本のスーパーフードなんですね。薬味という認識しかありませんでしたが、これからはわさびを積極的に取りたいものです。

生わさび小3本セット(合計約120g)

ちなみにゲストのタレント関根勤さん(62歳)は、肌年齢55歳(-7歳)血管年齢58歳(-4)でした。関根さんの健康法は、飲む酢「神の美酢」を飲むことでした。1日1杯15年間飲み続けているそうです。

 - アンチエイジング , , , ,

336×280

スポンサードリンク

336×280

スポンサードリンク

  関連記事

澤田彰史先生 アンチエイジング法 ピーリング石鹸で洗顔・ほうれい線予防の表情筋体操 サタデープラスで紹介

TBSテレビ系「サタデープラス」(5月9日)でアンチエイジングの専門家、東京警察 …

筋肉若返りホルモンIGF-1を多く出す方法 食べ方とアルギニン 市原淳弘先生 たけしのみんなの家庭の医学

テレビ朝日「たけしのみんなの家庭の医学」11月22日で、筋肉若返りホルモンIGF …

血管若返りの食べ物 玉ねぎ・コーヒー・ダークチョコレート・黒酢・ブルーチーズ 1日5分血管若返り体操 高沢謙二先生 バイキング

フジテレビ「バイキング」3月7日で、血管若返りの食べ物と体操について取り上げられ …

若返り方法(輸血 断食オートファジー 入れ歯 タイムマシン)NHKおしえて!ガッカイで紹

NHK「おしえて!ガッカイ」で3日で若返りスペシャルが放送されました。 この番組 …

血管アンチエイジングで動脈硬化予防 PWV検査・FMD検査の料金

血管の老化である動脈硬化は脳梗塞、心筋梗塞を起こすリスクを高めます。 そのため血 …

老化の原因 AGE(終末糖化産物)の除去につながるアプタマーの発見 山岸昌一先生 TBS夢の扉+

TBSテレビ「夢の扉+」5月24日で 老化の原因物質と言われるAGE(終末糖化産 …

魚うどん(宮崎県日南市)の血管若返り効果 奥薗壽子流魚うどん作り方レシピ たけしのみんなの家庭の医学

テレビ朝日「たけしのみんなの家庭の医学」9月15日で、血管を若返らせるご当地健康 …

リガメントほぐしでほうれい線・目元のたるみ改善・リフトアップ効果 大久保佳代子さんが挑戦 松宮敏恵先生 サタデープラス

TBSテレビ系「サタデープラス」10月1日でほうれい線や目元のたるみを改善するリ …

スルメトレーニング法で舌の筋力アップで全身若返り効果 たけしのみんなの家庭の医学

テレビ朝日「たけしのみんなの家庭の医学」2月2日で、全身の老化に関わる舌の筋力に …

忍にん体操(三重県伊賀市)の足腰の若返り効果 沢田亜矢子さんが挑戦 たけしのみんなの家庭の医学

テレビ朝日「たけしのみんなの家庭の医学」9月15日で、足腰の若返り健康体操として …