テレビやネットから、気になる健康情報を取り上げています。

健康長寿の道

長生きの秘訣

健康長寿の食べ物 味噌 牛乳 ブロッコリー 白澤卓二先生 バイキングで紹介

更新日:

スポンサードリンク

フジテレビ「バイキング」11月20日ひるたつのコーナーで、長寿研究の第一人者 白澤卓二先生の健康長寿のための食べ物が紹介されました。

健康長寿の食べ物

健康長寿でいるためには運動も重要ですが、何を食べるかも重要なことです。そこで長生きの人が食べているものを研究した結果、共通する3つの食べ物があるということでした。それが味噌、牛乳、ブロッコリーです。どれも健康いい食べ物だと言われているものばかりですが、それぞれどんな効果があるのか、またより効果的な食べ方とは何か、まとめました。

毎日味噌汁を飲む

一つ目は味噌汁です。味噌は発酵食品ということで腸にいいということは良く言われていますが、他にも様々な長寿効果があるといいます。
味噌に含まれるタンパク質はコレステロール低下や脳血栓予防に効果的。
ビタミンEも豊富で老化予防に、大豆レシチンは動脈硬化予防に。
さらに1日3杯以上の味噌汁で乳がん発症率を40%減らすというデータもあります。
これは大豆のイソフラボンが乳がんを抑制すると考えられいます。
g1511201232
他にも前立腺がんを減らす効果もあるという報告も。

■より効果的なお味噌汁の具材
味噌汁+豆腐+わかめ

定番の食べ合わせですが、大豆は食物繊維が豊富で解毒作用があり、
わかめは水溶性食物繊維が豊富で腸内環境を整え、免疫機能が保て長寿につながると考えらます。

さばの味噌煮(味噌+さば)もオススメです。
さばに含まれるDHAと大豆のリノール酸で血液をサラサラにしてくれ脳梗塞・心筋梗塞予防効果が期待できます。

毎日牛乳を飲む

2つ目は牛乳です。牛乳には様々な栄養があり健康効果が期待できるといいます。
良質のタンパク質、乳脂肪が豊富で、皮膚や細胞を再生させるビタミンB2、
骨を作るカルシウムも豊富でバランス良く栄養素が含まれており、つまりパーフェクトな食品だといいます。
100歳の長寿の人が牛乳・乳製品をどれだけ摂っているかを調査したところ7割近くの人が毎日摂っていることが分かりました。
g1511201236
健康長寿には牛乳・乳製品は欠かせないということです。

また牛乳を飲むなら運動後に飲むのがオススメです。
運動後30分以内に飲むと筋肉増強効果が2倍にアップするという研究データがあります。
牛乳は1日200ccが目安です。
運動は信州大学能勢先生が推奨するインターバル速歩がオススメです。

インターバル速歩とは
自分がキツイと思うくらいの早歩きと息を整える感じのゆっくり歩きを3分ずつを1セットとして1日5セット(30分)行うもの

▼インターバル速歩の本

10歳若返る!「インターバル速歩」の秘密―これが、2000人が実証した超かんたん健康法だ!

ブロッコリーを食べる

3つ目はブロッコリーです。ブロッコリーはアメリカではがん抑制効果が高い食品として位置付けられており長寿のための野菜だといいます。
ビタミンC、βカロテン、ルテインなどが含まれ優れた抗酸化作用があり、イソチアネートが発がん物質を解毒する作用があり、ケルセチンは、血管を丈夫にしてくれるといいます。
MCの宮迫さんも胃がん手術後、ブロッコリーを先生から食べるよう言われたそうです。

ブロッコリーに含まれるスルフォラファンも注目です。
スルフォラファンはがん予防や老化防止をはじめ様々な効果が期待されています。

スルフォラファンの解毒作用・抗酸化作用
news.livedoor.com/article/detail/10809023/
スルフォラファンの二日酔い予防効果
www.sankei.com/life/news/130726/lif1307260026-n1.html

▼カゴメ スルフォラファン[Amazon]

カゴメ スルフォラファン 90粒

●東京大学と協同出願!ブロッコリーから抽出した免疫力を高めるサプリ「ブロリコ」
ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

▼白澤卓二先生の本

体が生まれ変わる「ケトン体」食事法: 太らない、疲れない、老けない――体と頭を「糖化」させるな (単行本)

▼白澤卓二先生オススメのココナッツオイル

セシル・オーガニック・ココナッツオイル(460g)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-長生きの秘訣
-, ,

Copyright© 健康長寿の道 , 2018 All Rights Reserved.